ダイエットの基本は身体を動かすこと

小さいころからぽっちゃりした子供でした。
背も高かったのでそれほど目立つおデブちゃんでは
ありませんでしたが、やっぱり小学校高学年ぐらいになると
気になりましたね。

でも食べることが好きだったので、ダイエットという考えは
ありませんでした。
ダイエットを決意したのは高校1年生の後半ぐらいです。

当時の私は、すごくよく食べていました。
子どものころから朝は弱いほうだったのですが、高校生のころは
朝から「これは夕飯か?」っていうくらい食べていました。

もちろん学校の休憩時間には間食。
お弁当を食べ、帰ってからはおやつを食べ、夕食を食べ、夜食を食べ……。
当然太ってきました。
高校生と言えばお年頃ですから、さすがにこれはまずいと思いました。

一念発起してダイエットを決意しました。
でも、どうすればいいのかわからない。
「○○ダイエット」とかやってみたいけど、親が反対するに
きまっているのでできませんでした。

母にダイエットについて軽く相談すると、縄跳びがいいとのことでした。
縄跳びは全身運動だからだそうです。
辛くて大変なダイエットは、根気のない私には向いていないだろうし、
きっと途中で挫折してしまうだろうと思っていたので、縄跳びという
アイデアにすぐに飛びつきました。
縄跳びぐらいなら楽にできると思っていたからです。

でも実際はしんどかったですね。
まず、縄跳びなんて小学生以来していなかったのですから、
疲れるし、すぐに引っかかっちゃう。

思ったよりもハードでした。でも、慣れてきました。
毎日毎日やっていると止まることなく30分ぐらいは余裕で
飛べるようになりました。

食事にも気を使っていましたが、この当時のダイエットが成功
したのは縄跳びのおかげだと思っています。
簡単で楽なダイエットをしたくなりますが、体を動かすことが
基本だと思います。

朝バナナダイエット!方法は朝ご飯をバナナにするだけ

私はかれこれまる3年、朝バナナダイエットを実践しています。
一時流行ったこれですが、本当に効果抜群ですよ・・・!
方法は朝ご飯をバナナにするだけです。

足りなければ、クッキーや南部せんべいなど、良く噛むタイプの
お菓子なども一緒に食べてもいい、と言うマイルールも課しています。
この方法で159cm59kgだった私ですが、1年で159cm48kgまで
落とすことに成功し、今でもそのままキープできています。

「痩せたね」「可愛くなったね」などと褒められることも多く、
効果は抜群でした☆

また私の場合、朝ご飯をしっかり食べると眠くなってしまうタイプ
だったので、朝ご飯をバナナにしてからは腹8分目をキープ
できているためか、昼前に適度な空腹感を覚えるため授業、
バイト中も眠くなるようなことが少なくなった、と言うメリットもありました。

栄養失調で具合が悪くなった、と言う経験は、朝バナナダイエットを
3年継続していますが1度もありません。
「朝ご飯はいくら食べても太らない」、などと言う言葉を時々耳にしますが、
個人的な経験からしてみると「そんなことはない」です。

もちろん食べないことを勧めているわけではありません。
ただ、「おなかにたまり、動くことができ、眠くならない」だけの
エネルギーくらいに留めておいたほうが、生活面でも
ちょうどいいと思います。

また、朝は身体の機能が目覚め始めたばかりなので、
ドカンと栄養を入れるのもストレスであるように感じます。
ダイエットを考えている方には、身体への負担が少なく、
高栄養(ビタミン、葉酸など)、低カロリー、と3拍子揃ったバナナを
朝ご飯にすることをぜひお勧めしたいです。

お腹を凹ます目的ダイエット、好きな音楽を取り入れながら腹筋

ここ2.3年の間にお腹がだんだん出てき始めてきました。
主人には「もうビキニは着れないね」と言われ結構ショックを
受けたので、何とかしてお腹をへこまそうとダイエットを決意しました。

出産を経験しているのでお腹の皮ものびている状態だから、
燃焼引き締めをしないといけないなと思ったので、
筋肉をつけるべき?と感じやっぱり腹筋になると思ったとき、
腰を少し痛めてるから腹筋だとなかなか元通りには戻らないような
気がして、ダイエットできるダンスをインターネットで探そうっと
思いつき検索。

ダンスを探していると筋肉のつけ方もあることに気がつき、
腰痛の方でも大丈夫と書いてある腹筋方法を発見。

それを見た瞬間、これなら腰に負担をかけずにダイエットできそうと
思ったので早速開始。

はじめた時は普段からしっかり体を動かしていなかったので
硬くなってるし、あちこち痛い?と思い込みが出て。
楽しくできれば苦にはならないはず。
そう思ったので音楽をかけながらいざ、開始。

それからは毎日回数を増やし結構腹筋が割れそうな勢いで
鍛えられてきました。
腰にも全然負担になっていないので毎日かかさずやっています。

音楽が好きだから好きな事を取り入れてすることにより、
毎日できるようになりました。

腹筋の方法もいたって簡単。仰向けになり、足を上に伸ばした後、
ひざを90度に曲げた状態。

これの姿勢によって腰に負担もかからず腹筋がスムーズにできています。
あまり無理をすると逆効果なので自分で毎日回数を決め時間も
そんなにかからないので今でも筋力トレーニングとして続けています。

身体に変化が!ちょっとした事を気にして実践するだけ

ダイエット方法は色々あるが、私は、無理してやると続かない。
だから、普段から2つのことに気をつけながら、ダイエットを行っている。

1つは、食事の歳には、よ~く噛むこと。
小さい頃より、よく噛むことをしなかった。
そのせいで、満腹感を得られずドカ食いばかりしていた。

ドカ食いすれば、おのずと食べる量も増え、食欲の抑制がきかず、
満足が得られるまで食べ続けた。
満足するまで食べて、気づけば信じられないほどの量を食べていた。
そして、その量の多さに落ち込んでいた。

2つめは、就寝前から逆算して、3時間前から何も食べない、
飲まないようにした。
あるテレビ番組で、夜10時以降(就寝前3時間前ぐらい)は
食べないことが体によいと聞いてから実践している。

前は、お腹がすいたら寝られないと思っていた。
食べたはずなのに、不思議とベッドに入った途端にお腹が
なっていた。だから、お腹の音を静めるために、すぐ何か食べていた。

考えてみたら、2つともダイエット方法という観点からしたら、
ちょっと違うかもしれない。

でも、この2つを気を付けることで大きく変わった。
まず、よく噛むようになったことで、少しの量でもお腹が
いっぱいになるようになった。だから、食べた量を見て
落ち込むこともなくなった。

そして、よく噛んで満腹感を得られるようになった。
寝る時も、お腹がなるようなことも、ほぼなくなった。
なにより、ドカ食いがなくなったことで体調もとてもよくなった。

前は、前の日に食べすぎて、翌朝胃が痛くて起きることもあったが、
それもなくなった。
世の中には、酵素ダイエットやジムでの運動など、たくさんの
ダイエット方法がある。

大幅な体重減とはいかないが、お金も掛からず、普段のちょっとしたことを
気をつけるだけでできる、この2つのダイエット方法が一番だと思う。